blog

2014-05-31
恩地展ギャラリートーク

本日は恩地孝四郎と「月映」展のギャラリートークが行われました。

「恩地孝四郎研究 版画のモダニズム」の著者である桑原規子さんが章立てて恩地作品の道程を解説して下さいました。

恩地作品はアメリカを始めとした海外のコレクターが多く、国内より海外で評価されることの多い作家であったようです。近年では国内でも少しずつ再評価が進んでいます。

 

今年は恩地孝四郎の携わった詩と版画の同人誌「月映」が創刊100周年を迎えることもあり、秋口より各地の美術館で恩地作品の展示が行われるとのことです。

近代日本の芸術に版画というジャンルを確立するにあたって、恩地の尽力は多大なるものだったといいます。

恩地孝四郎を知らなかった、という方もこの機会にそのモダニストぶりを刮目してご覧下さい!

 

Posted in blog | Comments Closed

 

2014-05-30
明日は恩地展ギャラリートーク

明日は16時より恩地展のギャラリートークを開催します。

恩地研究の第一人者である桑原規子氏、本展で貴重な作品を提供して下さったコレクターA氏をお迎えして恩地作品についてトークを行います。

トーク後は17時30分よりレセプションを予定しています。

いずれも参加費は無料ですのでぜひお誘い合わせの上お越し下さい。

Posted in blog | Comments Closed

 

2014-05-29
恩地孝四郎と「月映」展開催中

ただいま恩地孝四郎と「月映」展が開催中です。

日本の現代版画の先駆けと言われる恩地孝四郎の作品と、彼が朋友の田中恭吉・藤森静雄らと共に制作した版画誌「月映」に掲載された版画を展示しています。

恩地氏が装幀した書籍も多数展示しています。

Posted in blog | Comments Closed

 

2014-05-25
ADP内覧会2最終日

アートデリバリープロジェクト内覧会2、本日が最終日です。

ただいま出品作家の岸下めぐみさんと酒井泰恵さんが在廊しています。

19時までオープンしておりますので、お気軽にお立ち寄り下さい!

Posted in blog | Comments Closed

 

2014-05-24
福井大学美術科展2014のお知らせ

5月30日から3日間、福井大学では大学祭が行われます。

それに併せて福井大学美術教育サブコースの作品展が開催されます。

会場は福井大学文京キャンパス内のアカデミーホール2Fです(正門入って左)。

会期は10時〜17時まで、最終日のみ16時までとなります。

 

Posted in blog | Comments Closed

 

2014-05-23
連なる

アートデリバリープロジェクト内覧会2は25日(日)までの開催です。

連作の作品も多数あります。

1人の作家の作品でオフィス全体を彩る、というディスプレイも良いかもしれませんね。

Posted in blog | Comments Closed

 

2014-05-22
2014/6/11-6/29 藤本由紀夫展 music/box

 

藤本由紀夫展 music/box

2014年6月11日(水)〜6月29日(日)

<関連イベント>

6月14日(土)

アーティストトーク 16:00〜17:00

レセプション 17:00〜18:00

※参加費・予約は不要です。お気軽にご参加下さい!

藤本氏は70年代よりエレクトロニクスを利用したパフォーマンス、インスタレーションを行う。80年代半ばよりサウンド・オブジェの制作を行う。音を形で表現した作品を個展やグループ展にて発表。その作品をつかったパフォーマンスを行うなど、空間を利用した独自のテクノロジーアートの世界を展開している。

「here & there」「separation & conjunction」「revolution& gravity」「silent & listen」といったキーワードで、日常の何気ない物事に注目し、「聞く」という体験を通して、「音」という存在の不思議を表出し、新たな認識へと開かれていくような活動を展開している。

 

<作家略歴>

藤本由紀夫 Fujimoto Yukio

1950 名古屋生まれ

1975 大阪芸術大学 音楽学科卒業

 2013

グループ展「堂島リバービエンナーレ2013- Little Water」(堂島リバーフォーラム・大阪)

2012 

グループ展「phono/graph-sound,letters,graphics-」(DORTMUNDER U・ドイツ) 

グループ展「NOTATIONS -THE CAGE EFFECT TODAY-」(HUNTER COLLEGE、TIMES SQUARE GALLERY・ニューヨーク)

2011    

グループ展「オムニログ:オルタネィティング カレント: 3.11 以降の日本現代美術」(Perth Institute of Contemporary Arts・オーストラリア)

グループ展「Simple Interactions, Sound Art from Japan」(The Museum of Contemporary Art Roskilde・デンマーク)

 個展「n / t – phonography / photography –」(ShugoArts・東京)

2010    

グループ展 「The Second Today`s Documents——Negotiations」(Today Art Museum・北京)

グループ展 「THE RECORD-Contemporary ART and VINYL-」(Nasher Museum of Art at Duke University,The Institute of Contemporary Art , Boston・アメリカ)

2009  

個展「The Tower of Time」(Perrott’s Folly, Ikon Gallery・イギリス)

個展「遠/近」(ShugoArts・東京)

2007  

グループ展「第52回ヴェニス・ビエンナーレ」(イタリア)

個展「哲学的玩具」(西宮市大谷記念美術館・兵庫)

個展「関係」(和歌山県立近代美術館・和歌山)


個展「+/−」(国立国際美術館・大阪)


個展「ECHO−潜在的音響」(広島市現代美術館・広島)

2006   

個展「HERE & THERE」(名古屋市美術館・名古屋)

2001 

グループ展「第49回ヴェニス・ビエンナーレ」 (イタリア)

1997-2006 

個展「美術館の遠足」(西宮市大谷記念美術館・兵庫)

 

主催:NPO法人E&Cギャラリー、国立大学法人 福井大学

文部科学省 地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)

Tags:,
Posted in blog, 展覧会 | Comments Closed

 

2014-05-22
アートデリバリープロジェクト内覧会2は週末まで

アートデリバリープロジェクト内覧会2、まだまだ開催中です。

ギャラリースペースだけではなく事務所の方にも作品があるのでお見逃しなく。

こちらは清水万智さんの卒業制作、絵本「ゆめのツバメ」の原画と絵本です。

ぜひ絵本も併せてご覧下さい。気に入ったワンシーンの原画をレンタルして飾る、ということも可能です!

Posted in blog | Comments Closed

 

2014-05-19
19日の福井新聞で

アートデリバリープロジェクト内覧会2の記事が掲載されました。

Posted in blog | Comments Closed

 

2014-05-16
会場のようす

アートデリバリー内覧会2、本日は別角度からの会場風景です。

明日からの土日、お出かけの際にぜひお立ち寄り下さい。

 

 

Posted in blog | Comments Closed

 

2014-05-15
ADP内覧会2開催中!

今回もバラエティ豊かな作品が揃いました。アートデリバリープロジェクト内覧会2開催中です。

展示作品は全てレンタル可能です。次にこれらの作品が展示されるのは、みなさんのオフィスやご自宅かも?

すでにアートデリバリープロジェクトのサイトにも全作品掲載しておりますので、どうぞじっくりご検討下さい。

E&Cギャラリー アートデリバリープロジェクト

 

さて、先日から本展に参加する作家さんをご紹介してきましたが、今回が最後となります。

油彩で風景を描く作家、高田慎也さんです。

こちらは「海・呼吸」という作品です。高田さんが切り取る情景からは、静かな感情のゆらぎが感じられます。

 

Posted in blog | Comments Closed

 

2014-05-13
池内展クロージングの模様

11日は池内晶子展のクロージングイベントとして、池内さん自ら作品の糸を指で切っていくパフォーマンスが行われました。

作品の中央をじわじわと前進しながら1本ずつ糸を断っていく池内さん。

まるで波の中を行く船のようです。

すべて断ち切られた後の作品。

張られていた時とは雰囲気が様変わりしました。

パフォーマンス後は池内さんから作品についてお話がありました。

福井の地が思いがけず敬愛する絵師・岩佐又兵衛に縁のある場所だったという嬉しい驚きの話から、今回使用した絹糸の赤は又兵衛の「山中常盤物語絵巻」にある血の色からインスピレーションを得た、といった風に話が展開していきました。

Posted in blog | Comments Closed