blog

2013-06-16
高橋ひとみ展のお知らせ

2011年に当ギャラリーで個展をされた高橋ひとみさんから、グループ展のご案内が届きました。

 

<KANDA>

・作家 齊藤周 末むつみ 杉浦藍 セサミスペース 高橋ひとみ のだよしこ Right, there is nothing.
・会期 2013.6.7(金)-6.29(土) ※金・土曜日のみのオープンです。
    12:00-19:00
・会場 fabre8710
          東京都千代田区神田東松下町19 興亜第1ビル B1・B2F
マネジメントオフィス : ファーブル企画室  www.fabreprojectoffice.com
Posted in blog | Comments Closed

 

2013-06-13
内田あずみ展 開催中

「内田あずみ展」(2013/6/12〜6/23)を開催しています。

本日は、内田さんのご友人よりお花が贈られ、ギャラリーの一角に飾らせて頂いています。

応援してもらえるって、すごく温かく、嬉しいことですね!

内田さんの抽象画の作品は、「見る人が明るい気持ちになれるように」と、明るい配色にされています。

暑い日が続くようですが、ギャラリーに立ち寄られて、色鮮やかな作品にふれてみませんか?

 

 

 

 

 

 

Posted in blog | Comments Closed

 

2013-06-11
明日から内田あずみ展

明日より内田あずみ展が始まります。

内田さんは今年福井大学美術教育サブコースを卒業し、初の個展となります。

アクリルガッシュを用いて描かれた、どこか懐かしい空気を纏った作品をぜひご覧下さい。

 

内田あずみ展

2013年6月12日(水)-6月23日(日)

開催時間:12:00-19:00

休廊日:月曜・火曜

Posted in blog | Comments Closed

 

2013-06-02
人物博覧会Ⅱオープニング

昨日は人物博覧会Ⅱのオープニングが行われました。

今回作品を提供して下さったコレクターA氏こと荒井由泰さんに、ご自身のコレクションやアート啓蒙活動などについてお話頂きました。

荒井さんはこれまで30年近くに渡って勝山市に作家を招待したりコレクターの輪を広げたりといった活動に取り組まれています。

コレクションの意義として「作品を口頭で褒めるより黙って購入することが作家への支援になる」と語っておられました。

トーク後のレセプションも盛況でした。

今回人気だったかわいい手まり寿司です。

Posted in blog | Comments Closed

 

2013-06-01
人物博覧会Ⅱ開催中です

ただいま人物博覧会Ⅱ開催中です。

本日15時よりコレクターA氏によるギャラリートークとレセプションを開催致します。

どうぞお気軽に足をお運び下さい。

 


人物博覧会Ⅱ

会期:2013年5月29日(水)~6月9日(日)

会場:E&Cギャラリー

開廊時間:12:00〜19:00

休廊日:毎週月曜日、火曜日

2013年6月1日(土) 15:00〜16:30 ギャラリートーク

             17:00〜19:00 レセプションパーティー ※予約・参加費不要。


 視覚芸術表現において、いつの時代も「人物」は重要な主題でした。「人物博覧会」と題した本展覧会では、近現代に描かれた珠玉の人物画を展示致します。

 第2弾となる今回は、版画やテンペラ画の作品31点で構成します。

 また、2012年5月に開催された第1弾で人気を集めた3点を再度展示致します。


<出品作家>
小野隆生、柄澤齊、北川健次、野田哲也、北川民次、棟方志功、南桂子、磯辺行久、ジョック・スタージズ、オディロン・ルドン、藤森静雄、フィリップ・モーリス(全31点)

人物博覧会Ⅰ 

 

Posted in blog | Comments Closed

 

2013-05-30
鈴木伸吾展 -新宿アイランド- のお知らせ

鈴木伸吾さんの個展のお知らせです。
鈴木さんには、2012年にE&Cギャラリーにて展覧会を開催して頂きました。
http://eandcgallery.com/?p=1892
http://shingo-suzuki.com/
今回は、東京の新宿高島屋美術画廊で個展を開催されます。
東京にいらっしゃる方、東京方面に向かわれる方、
ご都合があいましたら、ぜひお立ち寄りください。

 

 

 

 

 

鈴木伸吾展 新宿アイランド
会期 / 6月20日(木)~7月1日(月)
平日・日・祝 : 午前10時~午後8時
土曜日 : 午前10時~午後8時30分
※最終日は午後4時閉場。

会場 / 新宿高島屋美術画廊(新宿高島屋10階)
〒151-8580
東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目24番2号
TEL(03) 5361-1111
http://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/event3/

鈴木伸吾氏の制作は実際の風景を縮小模型に作り替えるところから始まります。
メジャーを手に、実在するコンビニエンスストアや電車の車内、幹線道路などを実測し、
縮小したジオラマを忠実に再現した上で撮影します。(4×5inchフィルムにて)
仮設のジオラマは撮影後に壊し、撮影されたイメージは実体を持たない影になり、
ある種の遠い感覚を獲得してゆくことで、大都市、東京の刹那的な感覚を体現します。
今回の展示は、新宿に触発され制作した作品と東京をテーマにした大型写真作品を発表します。

Posted in blog | Comments Closed

 

2013-05-25
明日まで西條由紀夫展

西條由紀夫展は明日までの開催となります。

西條さんは本日も明日も在廊されておりますので、作品についてのお話を聞いてみたい方はぜひ。

まずは先入観なしに鑑賞して頂きたいと思いますが、使用している素材や完成するまでのプロセスなどを聞いてみると、副題の「Trace(痕跡)」の正体が浮かび上がってきます。

先週のレセプションの模様。

おいしい料理がふるまわれました。

 

Posted in blog | Comments Closed

 

2013-05-17
岸下めぐみ展 breathing space のお知らせ

福井大学美術教育サブコース在学中の岸下めぐみさんの個展のお知らせです。
岸下さんは現在大学院2年生で、学部生の頃から一貫して版画に取り組んでいます。
今回の個展でも版画の作品を発表するとのことです。
会場は金沢市のギャラリートネリコです。金沢へお出かけの際はぜひ足をお運び下さい。
岸下めぐみ展 breathing space
5月22日(水)~27日(月) 最終日 17:30まで
月~土  11:00~18:30  日 12:30~18:30
火曜休

ギャラリートネリコ
http://www2.spacelan.ne.jp/~tonellico/index.html

〒920-0985
石川県金沢市池田町3-30
TEL/FAX 076-231-2678
tonellico@m2.spacelan.ne.jp

Posted in blog | Comments Closed

 

2013-05-17
福井大学美術科展のお知らせ

福井大学美術教育サブコース作品展のお知らせです。

日頃キュレーションや広報デザイン、搬入搬出などでE&Cギャラリーの運営に携わっている学生さん達の瑞々しい作品を鑑賞することができます。

会場は福井大学文京キャンパスです。大学祭期間中の開催ですので、展覧会もお祭りも同時に楽しめます。

福井大学美術科展 2013

 期間:2013年5月31日(金)〜6月2日(日)

会場:福井大学 文京キャンパス アカデミーホール2F

時間:10:00〜17:00(最終日は16:00まで)入場無料

福井大学構内の駐車場利用可

Posted in blog | Comments Closed

 

2013-05-15
本日より西條由紀夫展

本日より「西條由紀夫展-Trace57-」が始まりました。

早速ご友人の方々がおいで下さっています。

西條さんは当ギャラリーでは2年ぶりの個展となります。

前回の様子→西條由紀夫展

 

西條さんは平日は17:45〜18:30、土日は13:30〜18:30の間在廊される予定です。

今回は西條さんのご意向でギャラリーの真ん中に椅子を置いています。どうぞ腰を落ち着けて、心ゆくまで作品をご覧下さい。

 

西條由紀夫展「Trace 57」

2013年5月15日(水)-5月26日(日)

開催時間:12:00-19:00

休廊日:月曜・火曜

5月18日(土) 

レセプション|17:00-19:00|

Posted in blog | Comments Closed

 

2013-05-08
3日の福井新聞で紹介されました

5月3日の福井新聞にカレル展の記事が掲載されました。

Posted in blog | Comments Closed

 

2013-05-05
カレル展 アーティストトーク

昨日は「カレル・ファンリットフェルド展」のアーティストトークおよびレセプションが行われました。

 

今回は湊七雄先生に通訳して頂きながらのトークでした。

まずはカレルさんの持つバックグラウンドからはじまります。ベルギーという多民族多言語の国際都市において、ゆるぎない自分の表現を確立することの重要性を語っておられました。

作品を構成する色や形などのインスピレーション源、それは例えばアボリジニの文化であったり日本のファッション誌であったり、様々なところから無数の素材を集めてご自身でアーカイブ化されているそうです。

その数は数万とも無限とも。自身の作品を撮影して更に別の作品のパーツとして使用するパターンもあるとのこと。

パートナーによる制作へのアドバイスの話やファブリック業界への進出計画などもジョークも交えつつ語られ、笑いのあふれる時間となりました。

欧州の教育観では「質問することがないのは話を聞いていなかったのと同じ」とのお話を受けて、参加者の方々からの質問が途絶えませんでした。

「自身で語れないから”作品”と表現しているので、ひとりで長時間喋るより質問してもらった方がいい」とのこと。ごもっともです。

トーク後のレセプションも、和やかな時間が流れていました。

 

当ギャラリーは通常月・火曜日は休廊ですが、カレル展の期間は毎日オープンしております。まだご覧になられていない方は何曜日にでも足をお運び下さい。

 

カレル・ファンリットフェルド展

2013年5月1日(水)〜5月12日(日)
開催時間:12:00 – 19:00
<会期中無休>

 

Posted in blog | Comments Closed