blog, 展覧会

2014/3/8-3/30 深堀隆介展-越の水と金魚-

深堀隆介展-越の水と金魚-

2014年3月8日(土)〜3月30日(日)

12:00~19:00(月・火は休廊) 最終日のみ17:00まで

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※作品の販売につきましては、小品4点を予定しております。
作品につきましては、いずれも抽選販売となります。

会期中に会場にてお申込頂き、最終日に抽選させて頂きます。(1家族様1点限り)

作品の他に、作品集・ポストカード・クリアファイルなど、商品の販売をいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<関連イベント情報>

こちらの講座は定員に達しましたので受付を終了とさせて頂きます。

福井ライフ・アカデミー連携 福井大学公開講座

「新素材を用いた作品制作の視点―深堀隆介の金魚救い―」

期日:2014年3月8日(土) ※参加無料

時間:13:00〜16:00

会場:福井大学(文京キャンパス) アカデミーホール

定員:96名

内容:ライブペインティング・アーティストトーク

後援:NPO法人 E&Cギャラリー

協賛:ターナー色彩株式会社

申し込み・問い合わせ先:福井大学 地域貢献推進センター

TEL 0776-27-8060 E-Mail koken@ad.u-fukui.ac.jp

事前にお申し込みが必要です。2月10日(月)より受付を開始致します。

申込用紙のダウンロードはこちらから→申込用紙(PDF形式)

<展覧会によせて>

 僕は北陸の中でも福井県には特別思い入れがあります。名古屋育ちの僕ですが、子供の頃には、毎年敦賀へ海水浴に行っていました。就職時代には、当時駅前にあったデパート「生活創庫」のショーウィンドウの施工に何度も行きました。僕にとって福井県は、とても思い出深い場所になります。今回そんな福井県で個展ができることをとても光栄に思います。

 あれから15年以上が経ち、いろいろ変わりました。僕は自分のアイコンとも言うべき「金魚」を見つけ作家として生きています。こうしてまた福井に再来することで、過去の自分と向き合い、そして福井の人たちや風土に接して、今の自分を省み、また新たな一歩になるような作品展にしたいと思います。

<作家略歴>

深堀隆介

1973年愛知県生まれ。26歳で退職し制作活動を始める。2000年、7年間飼っていた金魚にスランプを救われるという“金魚救い”が起こる。2002年、樹脂を使った絵画技法をあみ出し発表する。2011年、ICNギャラリー(ロンドン)個展時に樹脂の制作方法を披露したプロモーションビデオをネット配信したところ、世界中で大反響となる。現在、国内外で展覧会多数開催。

 


Tags:,
Posted on 2014-02-02 | Posted in blog, 展覧会 | Comments Closed

Related Posts