お知らせ

2018-06-04
展覧会活動休止のお知らせ

2018.5.18

各位

 お聞き及びのこととは思いますが、本年4月29日をもってE&Cギャラリーの展覧会活動を休止することになりました。会員諸氏をはじめとして、助けていただいた多くの皆様には大変申し訳なくお詫びしなければなりません。それなりに力を尽くしてきましたが、結実するに至らなかったことには悔しさはぬぐえませんが、次に追ってくれる人に期待をこめて手渡ししていければと考えています

 改めて、展覧会を快く引き受けていただいた作家の皆様に心よりお礼を申し上げます。前例の無い豪華な内容は私たちの誇りとするところです。また、時に応じ気遣いや支援をいただいた皆様にも深く感謝いたします。これがなければ、私たちの活動の意味も半減していたことでしょう。

 また、併せて道半ばとはなりましたが「アートデリバリー」に関して、作品を提供していただいた多くの皆様にお礼を申し上げます。順じ返却の手続きに入らせていただきます。この事業が目指していることにはなんら変わりはありません。それは私たちの活動の大事な柱です。これからも変わらずご支援をお願いするところです。

 「E&Cギャラリー」の活動は、別の方法、別の機会で継続していくことになります。すこし時間が必要ですが、なんらかの形で皆様にお知らせすることになろうかと考えています。

 またお会いできることを楽しみにしてご報告とさせていただきます。

E&Cギャラリー代表   宮崎光二

Tags:
Posted in blog | Comments Closed

 

2018-04-27
西條由紀夫展 新聞掲載

現在開催中の西條由紀夫展について

福井新聞に掲載された記事のご紹介です。

こちらで拡大したものをお読みいただけます。

西條氏の近作が集まった迫力ある空間です。

4月29日(日)18時まで開催しております。

 

E&Cギャラリーにて最後の展覧会となります。

多くの方に足を運んでいただければ幸いです。

Tags:,
Posted in blog, 記事紹介 | Comments Closed

 

2018-04-09
2018/4/14-4/29 西條由紀夫展

西條由紀夫 展

2018年4月14日(土)-4月29日(日)

 

 

 

これまでのシリーズに加えて新しいシリーズの作品に取り組んだ。

が、今回も相変わらず「分からない絵」たちが並ぶ。

何かの役に立つとは思えない。

かこうと思えば誰でもかける。

流行(はやり)の絵の世界に馴染めず、

適応不良のモヤモヤの中で“思いつき”を頼りに作り出した“絵”とでも言おうか。

「名付け得ぬもの」とはある人の言葉。

「絵空事」という言葉もある。

ご笑覧下されば 幸いです。

 

 

【作家プロフィール】

西條 由紀夫|YUKIO Saijo

1956年 福岡市生まれ

1979年 愛知県立芸術大学美術学部(日本画科)卒業

1982年~福井市でいくつかの仕事に就きながら創作活動

2017年 福井市から滋賀県東近江市に移り住み創作活動

 

【作家在廊予定】

4月14日/15日/21日/22日/23日13時~16時/27日15時~18時/28日/29日

 

「西條由紀夫 

会期2018年4月14(土〜4月29(日

開廊時間12:0018:00金曜日のみ12:0021:00 

休廊日水 ※入場無料

Tags:, ,
Posted in blog, 展覧会 | Comments Closed

 

2018-03-21
2018/3/29-4/9 東郷拓巳展

東郷拓巳 展

2018年3月29日(木)-4月9日(月)

 

 

「明日はどっちだ?」 F8号 ミクストメディア

 

 

常日頃より、湧き出る不安や心配からどうしても逃れることはできない。

できるだけ、私のもとから遠ざけていたいが、無理なようである。

ならば私を救うものを探すのである。

意識化に浮かび上がった、幾つかの偶像を捉えて。

あなたは、私に、なんと言っているのですか?

 

 

 

【作家プロフィール】

東郷 拓巳|TOGO Takumi

1983年 生まれ

2005年 福井大学教育地域科学部 芸術・保健体育教育コース 美術教育サブコース 卒業

 

「東郷拓巳 

会期2018年3月29〜4月9(月

開廊時間12:0018:00金曜日のみ12:0021:00 

休廊日水 ※入場無料

Tags:, ,
Posted in blog, 展覧会 | Comments Closed

 

2018-03-20
金田明彦回顧展 新聞掲載

「金田明彦回顧展」の記事が福井新聞に掲載されました。

本展示は、21日(水/祝) まで開催しております。

最終日は17:00までとなりますので、お気をつけください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福井新聞_金田明彦回顧展_2018.3.14

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福井新聞_金田明彦回顧展_2018.3.18

※画像下のリンクをクリックすると大きなサイズの記事が読めます。

Tags:,
Posted in blog, 記事紹介 | Comments Closed

 

2018-03-15
2018/3/17-3/21 金田明彦 回顧展

金田明彦 回顧展

 

会期:2018年3月17日(土)〜3月21日(水/祝)

開廊時間:12:00~18:00(最終日17:00まで)

5日間の会期中、休廊日はございません。 

 

 

昨年、惜しくも急逝された仁愛大学教授 金田明彦さんを偲び、回顧展を開催します。

 美大時代の卒業制作からはじまり、イラストレーション、グラフィックデザイン、

景観デザイン、コミュニケーションデザインに至るまでの作品、

それらを創りあげた背景から金田明彦さんの人間性を振り返ることができます。

多くの方のご来場をお待ちしております。

 

 

 金田 明彦 (きんだ あきひこ)

1952年 石川県金沢市生まれ

1977年 金沢美術工芸大学視覚デザイン専攻卒

2005年 岡大大学院博士後期課程満期修了

2001年 仁愛女子短期大学教授を経て、

             開学の仁愛大学人間学部コミュニケーション学科教授

2017年 2月15日 永眠(64歳)

Tags:, ,
Posted in blog, 展覧会 | Comments Closed

 

2018-03-12
「想像する力」がなければ 新聞掲載

2018年3月9日(金)の福井新聞に、

E&Cギャラリーのこれまでを振り返る記事が掲載されました。

代表・宮崎の寄稿とともに紹介します。

下のリンクからお読みください。

福井新聞2018年3月9日_E&Cギャラリー記事

Tags:
Posted in blog, 記事紹介 | Comments Closed

 

2018-03-02
2018/3/1-3/11 西本昴生・飯島祥 展 憧憬の鏡

西本昴生・飯島祥 展 憧憬の鏡

2018年3月1日(木)-11日(日)

 

 本作品は、人間とは違う性質を持った知性体との共同作業を通して、

人工知能を使った創作の可能性や人造物に対する新しい接し方を考えていこうとするものである。

ギャラリー内に展示された顔写真から、

鑑賞者が思う「憧れ(憧憬)」に沿うものを100種類ほど選び、

Deep learningのGAN(Generative Adversarial Network)を用いることで、

選んだどの写真とも当てはまらないオリジナルの顔の画像が生成される。

鑑賞者が抱いている抽象的な「憧れ(憧憬)」が、

画像の分類とオリジナルの生成を通して具体化されるプロセスを鑑賞・体験することができる。

 

 

会場風景

 

作品例

 

 

【作家プロフィール】

西本 昴生|NISHIMOTO Koki <企画>

1994年 生まれ

2017年 福井大学教育地域科学部 美術教育サブコース 卒業

2017年 情報科学芸術大学院大学 在学

 

飯島 祥|IIJIMA Sho <システム構築>

1993年 生まれ

2017年  九州大学工学部 卒業

2017年 情報科学芸術大学院大学 在学

 

 

「西本昴生 飯島祥

会期2018年31〜3月11

開廊時間12:0018:00金曜日のみ12:0021:00 

休廊日水 ※入場無料

Tags:, ,
Posted in blog, 展覧会 | Comments Closed

 

2018-01-28
2018/2/3-2/18 中嶋千智展

中嶋千智展

2018年2月3日(土)-18日(日)

 

今も何かはっきりとしたものは見つかっていない。

制作はモチーフを必ず組む。

組んだモチーフではない空間が見えた時を絵にしている。

それは言葉にするとするなら、存在するのに存在しないような、

知っているのに知らないような、あるようでないような、そのような感じ。

これは一体何なのだと、今日も作品とやり取りしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトル:the unknown No.2

サイズ:F50

制作年:2015年

マテリアル:パネル、ジェッソ、木炭、アクリル絵具

 

 

中嶋千智|Chisato NAKAJIMA

◇作家プロフィール

1992年 福井県生まれ

2015年 福井大学教育地域科学部 芸術・保健体育コース 美術教育サブコース 卒業

 

 

中嶋千智展

会期:2018年2月3日(土)〜  2月18日(日)

開廊時間:12:00~18:00(金曜日のみ12:00~21:00) 

休廊日:火・水

入場無料

Tags:, ,
Posted in blog, 展覧会 | Comments Closed

 

2017-12-08
2018/1/14-28「水槽の中の街」岸下めぐみ展

「水槽の中の街」岸下めぐみ展

2018年1月14日(日)-28日(日)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA「夜明けと作業小屋」

街の風景や街から見える風景は、少し時間が流れるだけで、さっきとは違う、私の知らない風景になっていきます。冷たい風、薄暗い北の空、黒さを増す雨雲、太陽の光が差した山肌、夕飯の支度をする家。風、空、気温、湿度などの小さな変化を見つけながら、現実の中の非日常を感じたことが私の作品の出発点です。

 

 

岸下めぐみ|Megumi KISHISHITA

◇作家プロフィール

1989年 福井県生まれ、福井市在住

2012年 福井大学教育地域科学部 美術教育サブコース 卒業

2014年 福井大学大学院教科教育専攻 芸術教育領域(美術) 修了

 

◇過去の展覧会

<グループ展>

2012年 福井大学教育地域科学部 美術教育サブコース 卒業・修了制作展(福井県立美術館)

第37回大学版画展 出品(町田市立国際版画美術館/東京)

2013年 第38回大学版画展 出品(町田市立国際版画美術館/東京)

アートデリバリープロジェクト内覧会2(E&Cギャラリー/福井)

2014年 福井大学教育地域科学部 美術教育サブコース 卒業・修了制作展(福井県立美術館)

2015年 クリスマス小品展(E&Cギャラリー/福井)

2016年 第6回福井大学在学生OB・OG有志展(福井市美術館アートラボふくい)

クリスマス小品展(E&Cギャラリー/福井)

 

<個展>

2013年 岸下めぐみ展 breathing space(ギャラリートネリコ/金沢)

 

「水槽の中の街」岸下めぐみ展

会期:2018年1月14日(日)〜1月28日(日)

開廊時間:12:00~18:00(金曜日のみ12:00~21:00) 

休廊日:火・水

入場無料

Tags:, ,
Posted in blog, 展覧会 | Comments Closed

 

2017-12-07
2017/12/14-24「クリスマス小品展2017」

「クリスマス小品展2017」のご案内

 

E&Cギャラリーでは年内最後の企画展として「クリスマス小品展2017」を開催いたします。

クリスマス小品展は、過去にE&Cギャラリーで展示を行った作家の小品が集まり、多種多様な作品に出会えるプレゼント企画。

今年は18名の作家の厚意により上限5万円のクリスマス限定価格にて全ての作品を販売いたします。

会期中は無休となりますので、この機会に足をお運びください。

 

<参加作家一覧>

浅野桃子/伊藤裕貴/今村朋代/大塚和也/加藤良次/熊野海/西條由紀夫/坂口寛敏/坂本太郎/髙田慎也/反保千佳子/寺根千尋/土門大士/前野みさと/松永亨子/宮崎光二/森勢津美/森石おまり(敬称略・18名)

IMG_6569 IMG_6592

(昨年の様子)

「クリスマス小品展2017」

2017年12月14日(木)~12月24日(日)

会期中無休

開廊時間:12:00〜18:00(金曜日のみ12:00〜21:00)

入場無料

Tags:, ,
Posted in blog, 展覧会 | Comments Closed

 

2017-11-26
2017/11/25-12/10 反保千佳子展 Vol.3

tanbo1

反保千佳子展 Vol.3

会期:2017年11月25日(土)〜12月10日(日)

開廊時間:12:00~18:00(金曜日のみ12:00~21:00) 

休廊日:火・水

<関連イベント>

11月25 日(土)17:00- オープニングレセプション

*予約・参加費は不要です

tanbo_pic1

実際にはみえないものでも、確実に感じるものがあって、その感じるものを形にするとき、とても苦しい とても苦しいけれど、それ以上に嬉しい

自分の中から何が生まれてくるのか、自分でもよくわからなくて、ちゃんと生まれてきてくれるのかどうか、いつも不安だ

私は、最近〈土〉を使った制作と〈ガラス〉を使った制作を行っている

これまでには、絹糸やシリコン、鉛板なんかも使ってきた でも、学生のときから使っている土を触っているときが一番ほっとする 土は、おおらかであったかくてやさしい

ガラスという素材も気に入っているけれど、ほっとするというのとは少し違う 私が使う粒ガラスは、温度の具合がすごく微妙で気が抜けない 溶けきらなくても溶かしすぎてもいけないので、息を止めてじっと伺う緊張感との戦いだ だけど、色とりどりのガラスはきらきらして可愛い 心の中がうきうきする ガラスという素材そのものが持つ魅力に助けられている

tanbo_pic3

tanbo_pic2

 

反保 千佳子

1965 福井市生まれ

1988  福井大学教育学部卒業

2003 福井大学大学院教育学研究科修了

<個展>

2010 E&Cギャラリー/福井

2015 KUNST ARZT/京都

<グループ展>

2003 墾24展 福井県立美術館/福井

2004 5人展  福井市美術館/福井

2005070913 福井大学美術教育サブコース在学生OBOG有志展 福井県立美術館/福井

200507091113 BJ美術準備室展 福井市美術館/福井

2002~1315~16 新彫会展 福井県立美術館/福井

2011 セッション展 E&Cギャラリー/福井

2012 BJ7サテライトin大阪/ギャラリーCASO/大阪

2012 A-21国際美術展/ギャラリーCASO/大阪

2012 EZRA GLASS STUDIO KILN class Exhibition 風の森ギャラリー/福井

2013 セッション展Ⅱ E&Cギャラリー/福井

2014 BJ8サテライトin金沢/金沢21世紀美術館/石川

2015 BJ回顧展 放送会館/福井

2016 BJ9美術準備室展 福井市美術館/福井

Tags:, ,
Posted in blog, 展覧会 | Comments Closed

 

1 / 1712345...10...最後 »