お知らせ

2016-07-08
ただいま工事中

noda10

本日21時までオープンのナイトデーです。お仕事帰りにぜひ「野田哲也展」へ!

ただいまギャラリーが入っている永和システムマネジメント様の社屋が工事中で、正面玄関からの入場が制限されております。
建物裏手、駐車場側にある自動ドアからお入り頂きますようお願いいたします。

Tags:
Posted in blog | Comments Closed

 

2016-07-02
野田展まだまだ開催中

IMG_6080

会期半ばを迎えた野田哲也展、もうご覧頂けましたでしょうか。

ただいまギャラリーが入っている永和システムマネジメントビルの駐車場側自動ドア付近が工事中で、少々入り辛くなっておりますが、問題なくご通行頂けます。

土日は永和システムマネジメント様の駐車場(50台駐車可)をご利用頂けますので、外出のついでにお気軽にお立ち寄りください。

Tags:
Posted in blog | Comments Closed

 

2016-07-01
本日21時までオープン

noda6

ただいま開催中の野田哲也展、本日金曜日は21時までオープンしています。

駐車場も無料でご利用頂けますので、お仕事帰りや学校帰りにぜひお立ち寄り下さい。

「日記シリーズ」の中で今回展示されていない作品が掲載された各種資料もご用意しておりますので、作品と併せて野田氏の世界をたっぷりお楽しみ頂けます。

Tags:
Posted in blog | Comments Closed

 

2016-06-25
野田展開催中

noda5

本日も「野田哲也展」開催中です。
今回展示している日記シリーズは題名がすべて「1979年12月19日」のように年月日となっています。
画面内に何気なく配置されたモチーフにも、その日に野田氏の周囲に起こったエピソードが詰まっています。ご覧になる際には、作品の背後にあるできごとに思いを馳せるのも楽しいかもしれませんね。

Tags:
Posted in blog | Comments Closed

 

2016-06-19
野田展トーク

noda4

昨日は野田哲也展のアーティストトークが開催されました。

トークは野田氏ご本人に、展示作品をご提供いただいたアートフル勝山の会代表の荒井由泰氏と、福井大学美術教育サブコース准教授で当ギャラリーの理事でもある湊七雄氏が質問を投げかけていく形で行われました。

定員60名のところ大変多くの方にお集まりいただき、会場は熱気に包まれていました。

noda3

トーク中、会場内にある作品のエピソードが出るたびに感嘆の声が上がっていました。

野田氏の「日記シリーズ」は、ご本人が撮影した写真を謄写版(いわゆるガリ版)を使用しています。一見ポートレート的に見える作品であっても削ぎ落とし、描き加えることで写真以上に野田氏の持つ物語や間を作り込んでいます。

途中、福井県が版画によく使用される越前和紙の産地であることに触れ、「もっと福井から越前和紙を使った水性版画の作家が出てきてほしい」とのコメントも飛び出し、野田氏の版画への思いが濃密に詰まった1時間半となりました。

Tags:
Posted in blog | Comments Closed

 

2016-06-16
明後日から野田哲也展

しばらく間が空きましたが、いよいよ明後日より「野田哲也展」が始まります。

今回は野田氏が身の回りの出来事や風景をシルクスクリーンと木版を併用して綴ってきた”日記シリーズ”の展示を行います。

初日の18日(土)は14時から野田氏を招いてのアーティストトークを開催いたしますので、ぜひお誘い合わせの上ご来場下さい。

当日はサイン入りの作品集や版画作品付きの特装本の販売もございます。

Tags:
Posted in blog | Comments Closed

 

2016-05-11
2016/6/18-7/18 野田哲也展~日記シリーズ:切り取られた日常が綴る美しき絵物語~

日記:2006年9月21日

野田哲也展~日記シリーズ:切り取られた日常が綴る美しき絵物語~

2016年6月18日(土)〜7月18日(月)

開廊時間 12:00〜19:00(金曜日は12:00〜21:00)

休廊日 火・水曜日 観覧無料

主催:NPO法人E&Cギャラリー

後援:アートフル勝山の会

協力:柏わたくし美術館ときの忘れもの

 

日記:1971年7月20日

野田哲也氏のライフワークである「日記」シリーズは、1966年の「絵日記」の作品から始まり、1968年の第6回東京国際版画ビエンナーレ展で国際大賞を受賞するなど、高い評価を受けてきました。作家自身が撮影した写真を使い、主にシルクスクリーンと木版の併用技法により作家の日常を淡々と綴っているこの大連作は、見るものにあらためて生きることとはどういうことかを考えさせます。題名は全て「日記(Diary)」の日付になっていて、作家自身の家族や知人の肖像、旅や日常 的な光景などが記録されています。

この度、E&Cギャラリーでは日記シリーズの代表作から近作まで30点余による「野田哲也展」を開催いたします。

 

日記:1980年8月26日 オスナブリュックにて

野田哲也 Tetsuya NODA

1940年熊本県生まれ。1965年東京芸術大学大学院 絵画研究科油絵専攻修了。1968年東京国際版画ビエンナーレ国際大賞受賞。以後、クラコウ国際版画ビエンナーレ、リュブリアナ国際版画ビエンナーレ、ノルウェー国際版画ビエンナーレ、イギリス国際版画ビエンナーレ、リュブリアナ国際版画ビエンナーレなど各国際展で次々と受賞。2014年にはロンドンの大英博物館日本ギャラリーにて個展が開催された。日本を代表する版画家として国際的にも高い評価を獲得し、活躍を続けている。

 

野田哲也アーティスト・トーク

2016年6月18日(土)

15:00−16:30 (14:45開場)

聞き手:荒井由泰、湊七雄

定員:60名 参加費:無料

*アーティスト・トーク終了後、作家を囲みオープニングパーティーを開催します。お誘い合わせの上、お越しください。

*当日は駐車場スペース(無料)60台分のご準備がございます。

Tags:, ,
Posted in blog, 展覧会 | Comments Closed

 

2016-03-26
西條展月曜まで

saijo7

本日も「西條由紀夫展-Trace60-」開催中です。

土日の日中は西條さんが在廊されているので、ぜひお話にいらして下さい。

本展の最終日は3月28日(月)ですので、土日はお仕事で来られない方もまだまだチャンスありですよ!

Tags:
Posted in blog | Comments Closed

 

2016-03-24
たんなん夢レディオ放送

本日19時より「たんなん夢レディオ(79.1MH)」の「あ〜と畑」にて、2月にE&Cで開催されたアールブリュット展「ORIGIN-はじまりの鼓動-」のギャラリートークが放送されます。
たんなん夢レディオは鯖江市のコミュニティラジオ局ですが、Uストリームで全国どこからでもご視聴頂けます!
http://www.ustream.tv/channel/tannanfm

鯖江市にお住まいの方は79.1MHにチャンネルを合わせてください!

Tags:
Posted in blog | Comments Closed

 

2016-03-18
西條さん在廊中

saijo2

本日も西條由紀夫展開催中です。金曜日は21時までオープンしておりますので、夕食後、お仕事帰りにぜひお立ち寄り下さい!

西條さんも18時過ぎまで在廊予定です。

Tags:
Posted in blog | Comments Closed

 

2016-03-18
アートデリバリープロジェクト@城町アネックス

anex1

E&Cギャラリーでは、アート作品の貸出しもしております。

その名も「アートデリバリープロジェクト」。

公共施設やオフィス、カフェやご自宅などに、一定期間アート作品をお貸しするというものです。(詳しくは「アートデリバリープロジェクト(ADP)」のホームページhttp://ecadp.com/をご覧ください。)

 

今月からは福井城址お堀端にあるホテル「城町アネックス」に作品をお貸ししております。

ホテルフロントと客室に計13点展示しました。

れんが造りの壁と、作品の色彩がマッチして、ギャラリー内で見るのとは別の美しさを感じます。

特に夜になると非常に作品が映えるとのことで、ホテルオーナーの新海様にも喜んでいただいております。

ホテル2階にある洋食店「二ノ丸グリル」やフラワーショップ「IRIS」をご利用の際にもフロント内の作品はご覧頂けます。日常にアートがあることの楽しさを、ひとりでも多くの方々に感じていただければ嬉しいです。

 

本件について、福井経済新聞にも取り上げていただきました。

http://fukui.keizai.biz/headline/233/

この件のお問い合わせは、E&Cギャラリースタッフ荒川まで。

Tags:
Posted in blog | Comments Closed

 

2016-03-15
17日から西條由紀夫展

FullSizeRender

17日(木)から西條由紀夫展を開催致します。

E&Cギャラリーで展示を行うのは今回で3回目となる西條さん。

何かの記憶のような痕跡のようなディテールが刻まれています。

Tags:
Posted in blog | Comments Closed